プロフィール

ドッキー in paris

Author:ドッキー in paris
大人になりきれないパパサーファーです。ガレージシェーパーしてます。

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーフボードはアート作品か?

自分でシェープしたフォームは

無事グラッシングファクトリーへ旅立ちました。

約10日くらいで完成です。

1ヶ月くらい熟成(樹脂の乾き待ち)したら進水式です。

某グラッシング工場には

他のガレージシェーパーさんの板もありましたが

おー初めて削った俺の方が上手い!(と思う。)

結構才能があるんじゃないかと錯覚してます。

板をシェープしてみて思ったのは「結構出来ちゃうもんだな」ってこと。

興味がある人はぜひ1度作ってみて下さい。

昨今シェーパーがアーティストの様に雑誌などで扱っているけど

ボードは「ホビー(玩具)」なのだと作ってみて再確認。

そりゃー自分で削った板には思いいれはあるし、オーラって言うか念みたいなものが込められているとは思う。

でも「波に乗る道具」であって観賞用のアート作品とは違うのだ。

シェ-プは技術職であってアーティストじゃない。

この世界を突詰めていくと「宗教みたいなもの」っとノーブランドの出川さんも言ってたけど

その表現の方がしっくりくるね。

だってさ

初めて作った俺でも出来ちゃうんだもん。

ホビーだよ。板は。



ただね

技術職だけあって奥は深い。まさに職人さんの世界。

次回作成の反省点は沢山ある。

早くまた作りたいな。

スポンサーサイト
THEME:サーフィン・ボディボード | GENRE:スポーツ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。