プロフィール

ドッキー in paris

Author:ドッキー in paris
大人になりきれないパパサーファーです。ガレージシェーパーしてます。

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「彼女が死んじゃった」DVDを買う。

最近

オダギリジョーのドラマが低視聴率で打ち切りになったのは記憶に新しいが

それに勝るとも劣らない低視聴率のドラマがかつてあった。

「彼女がしんじゃった」2004年

トキオの長瀬君と木村佳乃さんが主演。

僕はこのドラマがずっと忘れられなかった。

湘南が舞台で、映像・音楽・シュールな演出。

なぜがずっと心に残っていた。

どうしても見返したくなりDVDBOX購入してしまいました。

IMG_0590_convert_20120717084032.jpg

簡単にあらすじを説明すると・・・

主人公ハジメ(長瀬)が、会ったその日に一晩を過ごした女・ゆかり(木村佳乃)。

数日後、ハジメのもとにゆかりの妹・玲子(ふかきょん)と、ゆかりの婚約者だと言う良夫(香川照之)

が現れ、ゆかりが自殺したと告げる。3人はゆかりが残した携帯電話のメモリーを頼りに人々を訪ね

自殺の原因を探る旅に出る・・・。


いきなり1話目から、出会った彼女が自殺すると言うなんともシュールなお話なんだけど

もう、この世のは居ない人を探す旅は見ていてなんとも切ない。

その切なさをコミカルに描き

湘南の蒼い海や空気感を上手に描いている。

「ゆかりの自殺の原因を探ってみればみるほど、じゃーお前は今生きているのか?とつき返される」

人の生と死は、医学的なものだけではない

そんなテーマがひそかに、底辺にあるようなドラマ。

それに、本当に音楽がいいのだ!

なかなかレンタル屋さんに無いんだけど

機会があればぜひ1度見てみてください。

「この場所(街)じゃ、星は地べたで光る」

本当にその通りだと思う。


ちなみに

このドラマのサントラ(ショーロクラブ)も持ってるけど

現在杯盤で

ネットでは1万くらいまで値が上がってるね。
スポンサーサイト
THEME:サーフィン・ボディボード | GENRE:スポーツ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。